大塚グループの事業展開

大塚グループの発祥企業である「大塚製薬工業部」(1940年大塚製薬工場に改称)は、1921年、化学原料メーカーとして徳島県鳴門の地に設立されました。戦後1946年より輸液(点滴注射)等の臨床栄養分野に参入、医薬品メーカーとしての歩みを始め、それまでの原料事業は、1950年に大塚製薬工場の化学原料部門を分離・独立させた大塚化学薬品株式会社に移管されました。1953年には「オロナイン軟膏」の発売によりOTC医薬品事業を開始しました。その後1961年にグループの製品の効率的な物流のために大塚倉庫株式会社を、1963年に海外からの医薬品や技術の導入を目的に大鵬薬品工業株式会社を、1964年には自主技術・医薬品の開発を目的に大塚グループの中核会社となる大塚製薬株式会社を設立しました。1965年、不朽のロングセラー「オロナミンC」によるニュートラシューティカルズ※1関連事業が開始され、1970年前後には「ボンカレー」により消費者商品事業が確立し、さらに各社が治療薬(輸液以外の医薬品)事業を開始するなど多角化が加速するなか、海外展開も始まりました。また1970年代後半には診断薬・臨床検査事業にも参入、1980年発売の「ポカリスエット」の飛躍や自社開発治療薬の成功による事業拡大が続きました。
21世紀に入り、ブロックバスターとなった抗精神病薬「エビリファイ」や抗がん剤による医薬品の世界化が確かなものとなり、ニュートラシューティカルズ関連事業のグローバル展開も加速しています。健粧品(コスメディクス)※2やメディカルデバイス事業、大豆関連事業が次世代のテーマとなり、2008年大塚グループ全体の企業価値向上を目的に設立された大塚ホールディングス株式会社を中心に、グローバルな総合ヘルスケアカンパニーとして成長を続けています。

※1Nutraceuticals (ニュートラシューティカルズ):nutrition (栄養) + pharmaceuticals (医薬品) の造語
※2健粧品(コスメディクス): cosmetics (化粧品) + medicine (医薬品) の造語