ページ内を移動するためのリンクです。

研究開発における適正な動物実験の実施に関するコンプライアンス

大塚グループは、「Otsuka-people creating new products for better health worldwide」の企業理念のもと、 疾病の治癒を目的とした革新的な医薬品から日々の健康をサポートするニュートラシューティカルズ関連事業製品の研究開発に積極的に取り組んでいます。それらの有効性や安全性を確認するためには実験動物を用いた検証が必要な場合があります。私たちは動物実験を行うに際して、動物の生命を尊重しつつ、動物愛護の観点や環境保全の観点及び実験者の安全確保の観点から、科学的妥当性ならびに動物実験への倫理的配慮を充分に考慮し、適正な実施に努めています。

私たちは、「動物の愛護及び管理に関する法律」「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」等の関連する法令、基準及びガイドラインを遵守しています。

また、社内管理体制として、各社において「コンプライアンス・プログラム」の制定を行い、動物実験規程及び動物実験委員会を整備・運営し、動物実験及び飼養を適正に実施しています。動物実験委員会は、動物実験計画が3Rsの原則「代替法の利用(Replacement)、使用動物数の削減(Reduction)、苦痛の軽減(Refinement)」に基づき適正であるか審査し、実験者の教育、動物実験実施の自己点検・評価を行っています。