ページ内を移動するためのリンクです。

トップメッセージ

世界中の人々の健康で豊かな暮らしに貢献したい

代表取締役社長 兼 CEO 樋口達夫

2011年度に策定した第一次中期経営計画は、「医療関連事業」と「ニュートラシューティカルズ*関連事業」を両輪とする強固なビジネスモデルを構築することを基に策定いたしました。グローバルヘルスケア企業として、世界トップクラスを目指す体制整備の期間と位置づけ、過去3年間には重点施策を着実に実行することで、増収増益を確保してまいりました。2013年度はその最終年度でもありました。

今後の第二次中期経営計画の策定は、2020年を見据えた“トータルヘルスケアカンパニーとしての創造的・持続的成長”のより一層の推進、グローバル水準の充実を念頭に、大塚グループのあるべき姿を反映したものになります。
具体的には、大塚グループの多様な事業を背景とした収益確保と、大塚グループの強みを一層推進することにより、主要製品の独占期間の満了も視野に入れながら各施策を実行してまいります。

今後も、当社グループは“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、“健康”に関するあらゆるテーマに挑戦し、独創的で革新的な製品と新しいカテゴリー市場の創出により、世界中の人々の健康に貢献してまいります。

今後とも皆様の変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO
樋口 達夫

  • * Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ) : nutrition(栄養) + pharmaceuticals(医薬品)の造語