ページ内を移動するためのリンクです。

トップメッセージ

ベンチャースピリッツにあふれた
大塚らしい新しい時代への挑戦

代表取締役社長 兼 CEO 樋口達夫

近年、社会や政治経済の変化の予測は益々困難になり、先行きの不透明感が増しています。そのような時代においても、当社グループは我々の普遍的な企業理念“Otsuka-people creating new products for better health worldwide” のもと、グローバルなトータルヘルスケア企業として「大塚だからできること」「大塚にしかできないこと」そして「既存概念にとらわれない取り組み」を追求してまいりました。

2017年、医療関連事業では、国内外の新薬群が計画通りに進捗し、事業の多様化を進めるとともに、精神・神経、がん、循環器・腎領域を中心に持続的成長に向けた積極的な研究開発投資を行いました。

また、米国では医薬品と医療機器を一体化して開発された世界初のコンビネーション製品が承認され、今後新たな形での貢献が期待されています。ニュートラシューティカルズ*関連事業では、消費者が気付いていないニーズに対する新製品の提案や育成、そして北米における次の柱とするためにカナダの食品会社を買収し、グローバル展開を加速化させています。

2018年は、第2次中期経営計画の最終年度となります。昨年4月には、事業成長の原動力となる社員の能力や個性が十分に発揮される職場環境をさらに推進していくため「大塚グループ健康宣言」を行いました。今後も、ステークホルダーの皆様の期待に応えられるよう、事業のより一層の成長を目指すとともに、社員の健康維持・増進に努め、絶えず新たな価値を創造し続けることで世界の人々の健康に貢献してまいります。皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO
樋口 達夫

  • * Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ) : nutrition(栄養) + pharmaceuticals(医薬品)の造語