ページ内を移動するためのリンクです。

トップメッセージ

ベンチャースピリッツにあふれた
大塚らしい新しい時代への挑戦

代表取締役社長 兼 CEO 樋口達夫

現在、世界では様々な変化が生じており、テクノロジーの分野では、人工知能を代表とする技術革新によるあらゆる情報のデジタル化で、膨大な情報は分析されネットワーク化されています。一方、地域経済(ジオエコノミクス)では、個々の国別の取り組み政策を打ち出し始めています。

大塚グループの事業領域であるヘルスケアにおいても、これらを踏まえ、将来の超高齢社会へ対応するべく大きな変革がもたらされようとしており、膨大な健康・医療情報を活用し、健康の維持・増進、治療効果向上に結びつける取り組みも始めています。

このような環境の中、大塚グループは先人から脈々と受け継いでいる、常に挑戦者としてのベンチャースピリッツにあふれた、ぶれることのない企業理念を軸に事業に取り組み、「日々の健康維持・増進」から「疾病の治癒」までを目指した「トータルヘルスケア」の考えのもと、革新的かつ創造的な製品により人々の健康に貢献し、世界の激流を渡って前進していく所存です。

さて、当社グループの事業に目を向けますと、現在は2014~2018年度の5ヵ年を対象期間とする第二次中期経営計画の仕上げの時期に入っています。医療関連事業では、今後の成長ドライバーである自社創薬品が、各国において計画通りの成果をあげています。さらに、同事業においては持続的成長に向けた積極的な投資により成長機会の拡大に取り組み、従来の戦略をさらに深化させています。また、ニュートラシューティカルズ*関連事業においては、消費者が気付いていないニーズに対する新製品の提案やグローバル展開を加速させており、盤石な経営基盤の構築に努めています。

当社グループは、これからも“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、大塚らしい独創的な提案によって、人々の「健康でありたい」という普遍的な願いに貢献してまいります。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO
樋口 達夫

  • * Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ) : nutrition(栄養) + pharmaceuticals(医薬品)の造語