ページ内を移動するためのリンクです。

ニュートラシューティカルズ関連事業

大塚グループの「ニュートラシューティカルズ* 関連事業」では、日々の健康の維持・増進をサポートする機能性飲料・機能性食品等を中心に事業を展開しています。

  • * Nutraceuticals(ニュートラシューティカルズ): nutrition(栄養)+ pharmaceuticals(医薬品)の造語

大塚製薬株式会社

大塚製薬では、医療関連事業で培われたノウハウを活かし、日々の健康維持・増進をサポートする製品の開発を行っています。
"汗の飲料"のコンセプトで開発された「ポカリスエット」や、"バランス栄養食"として5大栄養素を手軽に摂れる「カロリーメイト」など、革新的な製品開発により、新しいカテゴリーを創造し、健康維持・増進への貢献を目指しています。
現在、Soylutionをテーマに大豆バー「ソイジョイ(SOYJOY)」、大豆炭酸飲料「ソイッシュ(SOYSH)」、ヘルシー大豆スナック「ソイカラ(SoyCarat)」の3製品を展開しています。大豆の豊富な栄養をあますところなく、美味しく摂取できる新しいカタチで、世界へ提案しています。また、2014年には、女性の健康に貢献するため、大豆由来のエクオール含有製品「エクエル」を発売しています。
2017年にはアスリートのためのコンディショニング栄養食「ボディメンテゼリー」を新発売。本製品は大津栄養製品研究所の「腸と栄養」に関する研究および、佐賀栄養製品研究所の「運動と栄養」に関する研究成果を集結して誕生しました。

株式会社大塚製薬工場

大塚製薬工場では、在宅を含む医療・介護の場で使用するメディカルフーズを中心に研究開発を行っています。世界保健機関(WHO)の提唱する経口補水療法の考え方に基づき、電解質と糖質のバランスを考慮した経口補水液「オーエスワン」を開発し、消費者庁許可個別評価型病者用食品の表示許可を取得しています。経腸栄養管理の課題である消化器症状に着目した濃厚流動食品「ハイネイーゲル」、食べる機能に着目した新しい食形態である咀嚼開始食品「プロセスリード」など、患者さんに貢献する革新的な製品を創造しています。また、OTC医薬品「オロナインH軟膏」は、1953年の「オロナイン軟膏」発売以来、64年間続く「オロナイン」ブランドを受け継いでいます。本年、新たに50gチューブを新発売してお客様のニーズに応えてまいります。

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品では、多様な疾病・症状に対応するコンシューマーヘルスケア事業に積極的に取り組んでいます。栄養ドリンク剤「チオビタ」シリーズ、胃腸内服液「ソルマック」シリーズ、および生薬製剤/軽い尿もれ・頻尿用薬「ハルンケア」は、ブランドとして広く認知されています。「チオビタ」は香港での販売を開始し、グローバル化を進めるとともに、「ピュアクイックS軟膏」など、消費者のニーズに沿った新たな製品の提供に取り組んでいます。