ページ内を移動するためのリンクです。

社会

人材 -ダイバーシティ-

基本的な考え方

大塚グループは多様な社員の活躍が、イノベーションやグローバル化をより進展させると考え、積極的にダイバーシティを推進しています。そのため、常にイノベーションを追求する企業として、多様性にあふれた職場環境の整備に努めています。

アプローチ

大塚グループでは、ダイバーシティという概念が浸透していなかった1980年代から、企業の成長の原動力となる革新的な製品やアイディアを生み出すためには、国籍、人種、年齢、性別、障がい、性的指向等の垣根を越えた多様な人材の活躍が必要と考え、例えば1990年には「女性フォーラム」を開催する等、経営トップ自らダイバーシティを積極的に推進してきました。
「大塚グループ・グローバル行動規準」において、ダイバーシティの推進を宣言しているほか、2017年にはUNGC※1とUNWomen※2が共同で作成した女性の活躍推進に自主的に取り組む企業の行動原則である「女性のエンパワーメント原則(WEPs※3)」に署名しました。
多様な社員のキャリア継続のため、各社ごとに育児や介護に関する制度等を充実させているほか、3つの事業所内保育所を開園し、育児と仕事を両立している社員を支援しています。
そのほか、大鵬薬品は、抗がん剤を開発・販売する企業として、がん等の病気に罹患した社員も、治療しながら働き続けられる職場づくりを目指し、人事部と産業看護職が中心となり「がん患者就労支援チーム」を結成。サポート体制を整備し、「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」(東京都)において「優良賞」を受賞しています。
また、障がい者の活躍に関しては、2011年大塚製薬特例子会社として「はーとふる川内株式会社」を徳島市に設立し、障がいのある方が能力を十分に発揮し活躍する場を提供しています。

※1 国連グローバル・コンパクト
※2 United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women
※3 Women’s Empowerment Principles

外部評価例

  内容 会社
プラチナくるみん/くるみん(厚生労働省) プラチナくるみん/くるみん(厚生労働省、東京証券取引所)
次世代育成支援対策推進法にもとづいた行動計画の策定・届出を行い、一定の基準を満たした企業を厚生労働大臣が認定する制度。「プラチナくるみん」は、「くるみん」認定企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けられる仕組み
プラチナくるみん:
大塚製薬工場、大鵬薬品

くるみん:
大塚製薬等
えるぼし(厚生労働省) えるぼし(厚生労働省)
「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、一定
基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況などが優良な企業を認
定する制度
大塚化学:3段階目(最高位)
準なでしこ(経済産業省、東京証券取引所) 準なでしこ(経済産業省、東京証券取引所)
女性活躍推進に優れた企業である「なでしこ銘柄」に準ずる企業として選定する制度
2019年選定:大塚ホールディングス
※対象範囲は、大塚ホールディングス、大塚製薬
ダイバーシティ経営企業100選(経済産業省) ダイバーシティ経営企業100選(経済産業省)
ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を表彰する制度
2014年受賞:大塚製薬