ページ内を移動するためのリンクです。

社会

人材 -労働・安全衛生-

基本的な考え方

大塚グループでは、グループの共通の企業理念である“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の実現には、社員ひとりひとりの心身の健康が不可欠であると認識しています。そのため、安全な職場環境の整備に加え、社員の健康維持・増進につながる取り組みを継続的に行っています。

アプローチ

大塚グループ各社においてそれぞれ健康宣言を行い、社員の健康の維持・増進のための職場環境の整備に努めることを宣言しています。その取り組みの一環として大塚ホールディングスでは、社員の健康を推進するために大塚製薬健康保険組合、医療職、各社健康管理担当が連携して社員の健康増進に向けた活動を行っています。そのひとつがグループ社員やそのご家族を対象にした「健康セミナー」です。グループの健康への取り組み、健康保険組合の紹介、社員や家族の健康につながる情報等を伝えるために、全国の主要都市でセミナーを開催しています。そのほか、「生活習慣病リスクの軽減による元気で明るい職場づくり」をテーマに「徳島健康プロジェクト:TOK-J」をグループで2017年にスタートさせました。当プロジェクトでは、最も社員の多い徳島エリアにおいてメタボ予備軍への改善アプローチとエリア全体の健康意識向上を目的としたエリアアプローチを開始し、ウォーキングや運動の推奨、食事指導等を行っています。
また、安全・安心な職場づくりの観点では、例えば大塚化学では、2012年より危険体感型研修施設「安全道場」を開設。社内だけでなく海外関連会社や社外も対象に、安全意識を向上させる研修訓練を行っています。座学や過去の災害の疑似体感を通じて、失敗経験と安全知識を再確認し、危険に対する感受性を高め、一歩先を予見する「考動力」を養っています。「安全道場」による安全衛生教育の充実と安全文化構築の活動が認められ、2014年に日本化学工業協会より第8回「レスポンシブル・ケア賞優秀賞」を受賞しました。

大塚グループ各社の - 健康宣言 -

外部評価例

  内容 会社
ダイバーシティ経営企業100選(経済産業省) 健康経営優良法人
(経済産業省、日本健康会議)

特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度
2019年認定:大塚ホールディングス、大塚製薬、大塚製薬工場、大鵬薬品、大塚電子、JIMRO、大塚ウエルネスベンディング